講師派遣のオンタイムキャスティング

講演会、イベント、セミナーの講師派遣ならオンタイム・キャストにご相談ください

講演のご相談無料!

call03-6433-2437

(平日10:00-18:00)
TsukagoshiT

塚越友子 / つかこし ともこ

公認心理師 / 臨床心理士 / 産業カウンセラー
ジャンル
メンタル , モチベーション , コミュニケーション , 人生・こころ
主な講演テーマ
「『コロナうつ』を避けるために知っておきたい考え方、心の持ち方」


■コロナ関係講演


 ある調査によると日本人は、自分がネガティブな感情を抱えていることに気づくとそのことで、メンタルヘルスが悪くなり、メンタルヘルスについて注目することを避けると言われています。ネガティブな感情の役割について知り、ネガティブな感情の扱い方を知ることで、自身のネガティブな感情をしっかりとモニターし、ストレスマネジメントが可能になります。
開催目的
一般市民・女性・シニア , 社内向け啓蒙 , 青年会議所 , トークショー , 学校・PTA

講演テーマ

■コロナ関係講演テーマ

「コロナ禍で考える『心配・ストレス・不安』の違いと対処法」

 心配・ストレス・不安の違いがわかりますか?どれも似たようなものだと認識されていますが、実はそれぞれ、体の反応・心の反応が異なります。それぞれメカニズムが異なりますので、対処法も変わってきます。自身の心の機微に触れ、適切な対処法でセルフマネジメントを行い、コロナ禍の不安定な時代を乗り切りましょう。

「間違いだらけのストレスマネジメント」

 手軽にメンタルヘルスの情報を手に入れられるようになりました。新型コロナウィルス関連の医療情報と異なり、心の理論は一見だれにでもわかりやすく、わかったような気になってしまします。しかし、多くのストレスマネジメント術が、間違った理解とともに広まり、実際にストレスマネジメントとしての効果には疑問があります。たとえば、マインドフルネスを瞑想法だと思っていませんか?新しい働き方・生活様式とともに、正統なストレスマネジメントを手に入れて、心も体も健康に生きていきませんか?

「コロナ禍における:男性が家事・育児に参加したくなる方法OR男性のための家事・育児参加の極意」

 男性の家事・育児参加の認識は男女で異なります。夫は十分に参加していると回答し、妻は不十分だと回答します。新しい働き方では、家庭に仕事が持ち込まれ、ますます夫婦の家事育児の認識の差が大きな意味を持ってきました。十分やっているはずなのに、妻に不満を言われる、どんなに頼んでも夫が十分に手伝ってくれない。そんな夫婦の不満を解消するための、家事育児の協働“コペアレンティング”についてお話します。

「ものの見方を変えるだけで、幸せになれる」

コロナ禍により、私たちの生活はがらりと変わりました。新しい世界にすぐに適応できる人・できない人では何が違うのでしょうか?人が幸福なる条件とともに、こんな時代の幸せな生き方についてお話します。

講演実績

〈 活動内容 〉
・テレビ
< レギュラー > 2012年10月~ NTV 「ナカイの窓」レギュラー
< ゲスト >   「私の何がイケないの?」(TBS)
「白熱ライブ ビビット」(TBS)「ホンマでっか?!」(CX)「モーニング CROSS」(TOKYO MX)「そう言えば良かったのか!絶体絶命アンサー」(ABC) 他、多数出数
・ラジオ
J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」 他、多数出演
〈 主な書籍 〉
※水希(ペンネーム)名義
・「銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方」(大和書房 / だいわ文庫)
・「銀座No.1ホステスの上品な好かれ方」(大和書房 / だいわ文庫)
・「銀座No.1ホステスの大切な恋の続け方」(大和書房 / だいわ文庫)
・「彼の心を動かす「話し方」」(廣済堂出版)
・「銀座式、超実践 オトナ女子の雑談力」(宝島社)
・「銀座No.1ホステスが教える 男の見極め方」(秀和システム)
※本名名義
・「3秒で人から好かれる相づちのうち方」(主婦の友社)
・「辞める前に読む!今日から使える職場の深層心理。人間関係の不満がなくなる わりきりテ
クニック32」(世界文化社)
・「モテる男の即効フレーズ」(講談社α文庫)


〈 雑誌 〉
 ビジネス系(人間関係) 「プレジデント」「The21」「BIGtomorrow」「SPA!」 他、多数
 女性誌(恋愛)      「anan」「CanCam」「non-no」「MORE」「with」 他、多数
塚越友子
つかこし ともこ
公認心理師 / 臨床心理士 / 産業カウンセラー
ジャンル

メンタル , モチベーション , コミュニケーション , 人生・こころ

開催目的

一般市民・女性・シニア , 社内向け啓蒙 , 青年会議所 , トークショー , 学校・PTA

出演形式

講演, トークショー,

出身地・ゆかり

愛知県

プロフィール

  スイス生まれ。社会学修士号(社会心理学)教育学修士号(臨床心理学)。公認心理師・臨床心理士・産業カウンセラー。
 コミュニケーション論の研究から興味を持った広報・PRの仕事に従事する中で過労から内蔵疾患を発症、治療生活うつ病を発症する。キャリアチェンジを余儀なくされ、身体・精神の健康とキャリアのバランスをとること、働く人精神的不適応と家庭のサポートについて興味を持ち、産業カウンセラー資格取得後、2008年に東京中央カウンセリンを開業。産業の現場にてカウンセリングを行ううちに、過労自殺に問題意識を持つ。現在は、2017年より東北大学大院に進学、博士課程後期に在学し、自殺予防研究特に、希死念慮を抱えている人に対する家族のサポート方法につい研究を行いつつ、個人カウンセリングも行っている。
〈 職歴 〉
 1992年 東京女子大学文理学部社会学科 入学
 1996年 東京女子大学文理学部社会学科 卒業
 1998年 東京女子大学大学院 文学研究科 社会学専攻修士課程 修了
 1998年~2005年 電通・編集プロダクション・テレビ東京(番宣部) ドクターシーラボ(広報・PR)等の仕事に従事
 2008年~ 東京中央カウンセリング起業
 2019年3月 東北大学大学院博士課程前期 臨床心理学専攻 修了
 2019年4月 東北大学大学院博士課程後期 在学中
〈 専門 〉
・コミュニケーション論 ・産業心理学
・思春期学 ・家族心理学 ・自殺予防
〈 得意な相談内容 〉
・うつ病・不安障害・希死念慮
・会話の悩み(人見知り・会話がつづかない・雑談できない・あがり症・対人恐怖)
・親密な人間関係の悩み(恋愛・夫婦・親子・不倫の悩み)
・人間関係全般の悩み(いじめ・友人作り・女子同士・居場所がない・職場)
〈 得意な臨床技法 〉
 マインドフルネス認知療法 / 認知行動療法 / ソリューションフォーカストアプローチ /弁証法的行動療法 / ソーシャルスキルトレーニング など

専門家・講師を探す

ジャンル
  • ご予算
  • 出演形式
  • 開催目的
  • 性別
  • 出身地・ゆかり
  • キーワード

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

平日10:00~18:00(土・日・祝日定休)

mailご相談窓口はこちら